洋画、邦画の旧作映画を紹介していきます

映画好きな男のブログ

映画

洋画バットマンビギンズ

更新日:

こんにちは、RYOです。今日は、バットマンビギンズを紹介したいと思います。

自分は、アメコミ映画の中で一番好きなキャラクターです。理由は他のキャラと違い特殊能力はなく訓練を受けて強くなっていて人間臭さを感じるからです。単純にコスチュームがカッコイイというのもありますが。

話はそれましたがこのバットマンは2005年に公開されました。監督はクリストファーノーラン監督です。

この監督の代表作品は多々ありますが、個人的にはインターステラーもおすすめです。映像が美しいと思います。

俳優はクリスチャンベールさん。この人の役者根性は凄すぎて役のために体重を約30㎏減量したり実際に髪をぬき、歯並びをかえてまで役になりきる俳優さんです。(自分には100%無理です)

映画のあらすじ

ウェイン産業の御曹司ブルースは、ある日井戸に落ちてしまう。落ちたときにコウモリが大量に発生しそれ以来コウモリを苦手にしてしまう。ゴッサムシティに両親とオペラを鑑賞した帰りに強盗にあい目の前で両親が射殺されてしまいます。

ブルースは自暴自棄になり世界を旅することにする。

あてのない旅のさいちゅうに、ブルースは犯罪をおかし刑務所に入るのだがデュカードという男と出会います。

影の同盟の勧誘をしてきたデュカードの口車にのりヒマラヤの頂上に向かったブルース。ブルースは影の同盟で訓練を受けラーズアズグールから認められました。最後の試練として犯罪者の処刑を命じられましたがそれを拒みラーズアズグールを倒し影の同盟をぬけゴッサムシティ戻り悪と戦う準備をすすめるのであった・・・

RYOの感想

120点です!!このバットマン<三部作>は、他のアメコミと違い派手さはないかもしれません。他のアメコミ映画と違い暗いと思います。ただ内容が素晴らしいと思います。ブルースの苦悩、ゴッサムシティの現状、悪との葛藤がすごく表現されていて大好物の映画です。バットマンはコスチュームを着てるだけで生身の人間なので感情移入しやすいのではないでしょうか?バットマンシリーズの俳優さんでクリスチャンベールさんが一番好きです。ほんとうにおすすめなので見ていただきたい作品はです。ほんとうにかっこいいので!日本が誇る俳優の渡辺謙さんも出演してるのですが少ししか出ていないのでそこが残念です。

このブログ読んでいただきありがとうございました。では失礼します。

-映画

Copyright© 映画好きな男のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.