洋画、邦画の旧作映画を紹介していきます

映画好きな男のブログ

映画

洋画ボーンアイデンティティ

更新日:

こんにちは、RYOです。

今日は、大好きな映画ボーンアイデンティティを紹介していきたいと思います。

ボーンアイデンティティは、2002年のアメリカのスパイ映画です。

原作は、ロバートラドラムの暗殺者という小説。この小説は、全米でベストセラーになっています。

この映画は、2002年ボーンアイデンティティ、2004年ボーンスプレマシー、2007年ボーンアルティメイタムの三部作になてます。

映画のあらすじ

負傷した男が嵐の海に浮かんでいた。その、男を引き上げた。

男は、命からがら息を吹き返すが、すべての記憶を失ってる。

男の皮膚の下に埋め込まれていたマイクロカプセルに示されたスイス・チューリッヒ銀行に向かうのだが・・・

銀行の貸金庫には、ジェイソンボーンという名前が記されたパスポート、色んな国の札束、拳銃が見つかるのだが。

RYOの感想

マットデイモンが使う格闘技がすごい!!(速い、やらかい)

ちなみに、この格闘技はカリといわれているフィリピンの棒術らしいです。

他のスパイ映画とちがうと思うのですが、物凄い影があるんですよね。

この影がある感じがすごい色気を感じざるおえません。

女性の方も、そう思うのではないのでしょうか。

もし、見られていない方がいればおすすめの映画ですので機会があれば見てほしいです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。

-映画

Copyright© 映画好きな男のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.